【山あるきへの招待状】山に魅せられたインドア女子の成長記録

本格山女を諦めた、ただのインドア女のブログ

8月中旬:リハビリ登山⛰那須岳・茶臼岳で膝が笑う

みなさん、こんにちはー!

f:id:InvitationsToPeaks:20210823123859p:plain

みこ道お兄さんです!

齋藤です。

f:id:InvitationsToPeaks:20210823124027p:plain

税金高い高〜い

宝永山ハイキングを終えて数日経ったある日☀️

f:id:InvitationsToPeaks:20210823125606p:plain

鷲尾:次はどのお山に行こうか?(誰だこのイケメンwww)

f:id:InvitationsToPeaks:20210823125709p:plain

齋藤:やっぱ千畳敷じゃね?

f:id:InvitationsToPeaks:20210823125820p:plain

鷲尾:ただね、しばらく天気が優れないんだよ。残念ながら。

f:id:InvitationsToPeaks:20210823125936p:plain

齋藤:…待てば良くない?晴れるの

f:id:InvitationsToPeaks:20210823130024p:plain

鷲尾:でも齋藤さん、痩せたいでしょ?

f:id:InvitationsToPeaks:20210823130054p:plain

デッドボール🥎💥

f:id:InvitationsToPeaks:20210823130222p:plain

鷲尾:宝永山でハイキングするくらいにまでなったし、この調子で!

f:id:InvitationsToPeaks:20210823130437p:plain

齋藤:千畳敷以外って例えばどこよ!?

f:id:InvitationsToPeaks:20210823130554p:plain

鷲尾:奥秩父とか、那須とか!

f:id:InvitationsToPeaks:20210823130437p:plain

齋藤:鷲尾さんってさ、私のポテンシャル高く見積もり過ぎてない?いつも思うけど

f:id:InvitationsToPeaks:20210823130807p:plain

鷲尾:うっ…(否定せんのかい!!笑)

f:id:InvitationsToPeaks:20210823130912p:plain

齋藤:いつも平均コースタイムとか標高とか色々調べて提案してくれてるのは分かるよ

f:id:InvitationsToPeaks:20210823131015p:plain

齋藤:でもさ、そもそも私ってその平均のポテンシャルも無いんだよね。

体力も無いし、根性も無いし…

f:id:InvitationsToPeaks:20210823131115p:plain

齋藤:っていうのを今まで散々見てきて分かって提案してんだろうなあ!?(情緒不安定です)

f:id:InvitationsToPeaks:20210823131401p:plain

あ、またヤケクソになってしまった…私ってダメな奴(情緒不安定です)

f:id:InvitationsToPeaks:20210823131825p:plain

鷲尾:コースタイムが短い場所で提案するから大丈夫だよ✨

f:id:InvitationsToPeaks:20210823131916p:plain

信用できねーーー!!!(ぶん殴りてえなw)

数日後☀️

f:id:InvitationsToPeaks:20210823125606p:plain

鷲尾:明日と明後日、お天気良さそうだから、那須にある茶臼岳とかどう?(急だなおい)

f:id:InvitationsToPeaks:20210823132259p:plain

齋藤:どないな山ですか?(起きなよ)

f:id:InvitationsToPeaks:20210823130024p:plain

鷲尾:標高1,900mくらいで、火山だから木は生えて無いんだけど、

途中までロープウェイで行けるからコースタイムが

f:id:InvitationsToPeaks:20210823133105p:plain

齋藤:ごめん、標高なんて?

f:id:InvitationsToPeaks:20210823130024p:plain

鷲尾:1,900ちょいかな(´・∀・`)

f:id:InvitationsToPeaks:20210823132620p:plain

齋藤:え、それ暑くないの???下界の気温35度だけど…(あー言えばこう言う)

f:id:InvitationsToPeaks:20210823130437p:plain

齋藤:去年白馬登った時に、標高高いのに全っっ然涼しくなかった事あったよね⁉️

f:id:InvitationsToPeaks:20210823130807p:plain

鷲尾:うっ…(だから否定せんのかい!笑)

f:id:InvitationsToPeaks:20210823133219p:plain

暑くて駄々こねる自信しかない…

f:id:InvitationsToPeaks:20210823133335p:plain

齋藤:でもまあいいや!とりあえず行ってみよう!歩かなきゃダイエットも何も始まらん。

f:id:InvitationsToPeaks:20210823133442p:plain

鷲尾:良かった!じゃあレンタカーと宿泊先、予約するね♪(←段取り早過ぎワロタ)

前置きが超絶長くなりましたが(そして私のひん曲がった性格が露呈した)、久しぶりにちゃんとした登山で、那須にある茶臼岳に行って来ました!

前泊含めた1泊2日の行程✏️

久しぶりに外泊したのですが、正直発作止めがなかったらヤバかったです😱(パニック出るかと思った💦)

というのも含めて、まだまだリハビリ期間なんだな〜と感じました。

 

久々のガレ道で膝が笑いっぱなしだった今回の山行!!

f:id:InvitationsToPeaks:20210823140002p:plain

早速行ってみよう!

せっかく栃木に来たからには、やっぱり宇都宮餃子を食べたい🥟🤤

ぶーーーん🚗<o(´ω` )(ง ˘ω˘ )ว那須高原さ行くだ

f:id:InvitationsToPeaks:20210823130554p:plain

鷲尾:齋藤さん!佐野SAだよ!佐野ラーメン🍜食べる?(←実は自分が食べたい)

f:id:InvitationsToPeaks:20210823141842p:plain

齋藤:いや…それはむしろ帰りで良い。それより…(その格好はどうなの?)

f:id:InvitationsToPeaks:20210823141927p:plain

齋藤:宇都宮餃子🥟を食べたい!!(佐野SAで佐野ラーメン食べたことあるから。親と)

f:id:InvitationsToPeaks:20210823130807p:plain

…。(また太りそうな物を)

ぶーーーん🚗<o(´ω` )\( •̀ω•́ )/勝利〜

上河内SAに到着🥟!

f:id:InvitationsToPeaks:20210823143336p:plain

手前のトレーが齋藤、奥のトレーが鷲尾の分です。

【悲報】ワイ氏、男性以上の量を食べる。

f:id:InvitationsToPeaks:20210823143512p:plain

デブの底力

餃子はニンニクが少なめのようでしつこくなく、ぺろっと食べられました🥟❣️

宇都宮餃子が沢山食べられるのって、お肉やニンニクよりも野菜がメインで入っているので、しつこくないからかもしれませんね♪

宇都宮近辺に行かれる際には、是非ご賞味下さいませ🌟

 

そして今回宿泊する、那須高原のホテルへ🚗<o(´ω` )(ง ˘ω˘ )ว

 

到着してから部屋に入って約20分後…⏳

f:id:InvitationsToPeaks:20210824114449p:plain

齋藤:落ち着かない。ワサワサする…(←パニック発作の前兆)

f:id:InvitationsToPeaks:20210824114908p:plain

鷲尾:嘘!!?(いくら私でもこんな嘘つかんわw)

f:id:InvitationsToPeaks:20210824115302p:plain

頓服薬イッキ(死んだ?)

f:id:InvitationsToPeaks:20210824115445p:plain

鷲尾:大丈夫?横になる?

f:id:InvitationsToPeaks:20210824115511p:plain

齋藤:薬飲んだから平気!(全然平気じゃなさそうw)

この後2時間くらい昼寝しました。(結局寝るんかいww)

実は前日まで…

f:id:InvitationsToPeaks:20210823125606p:plain

鷲尾:宿泊先の近くに、「那須どうぶつ王国」ってあるよ!

動物と触れ合えたり、レンタル犬ってワンちゃんの散歩も出来るみたい!

f:id:InvitationsToPeaks:20210824120753p:plain

齋藤:それはもう行くっきゃないでしょ!動物達と触れ合いたい!(あとマヌルネコ見たい)

当日。

f:id:InvitationsToPeaks:20210824120903p:plain

齋藤:暑いし動物達も疲れてそうだから、行かんでいいべ?(自分が疲れただけ)

お前、ただ車乗ってただけだろ。

f:id:InvitationsToPeaks:20210823130554p:plain

鷲尾:このホテル大浴場もあるみたいだから、温泉入って来たら?

f:id:InvitationsToPeaks:20210823131916p:plain

齋藤:こんな醜い身体、公然に晒したくありません!(現代が生んだ捻くれモンスター)

ってなわけで、お部屋から一歩も出ずに、チェックアウトを迎えました。笑

翌朝から那須ロープウェイで茶臼岳山頂駅へ🚟

まず、今回の我々のルートについて説明しますね💡

当初の予定がコチラ🔽(地図はヤマケイオンラインの「ヤマタイム」をお借りしました♪)

f:id:InvitationsToPeaks:20210824124209j:plain

ロープウェイで山頂駅まで行き、茶臼岳山頂からお鉢めぐりをして、
峰ノ茶屋跡避難小屋まで下ります。
再度登り返して朝日岳山頂へ行きピストン。下山は駐車場まで歩き。

そして実際に歩いたルートがコチラ!!

f:id:InvitationsToPeaks:20210824124836j:plain

ぐるっと。。

朝日岳どこ行った!?

正直、「峰ノ茶屋避難小屋」から朝日岳への登り返し(急登)を見た瞬間、

f:id:InvitationsToPeaks:20210823131115p:plain

齋藤:私の現状分かって提案してんのかよ!!?

鷲尾:いや、コースタイムは3時間半くらいなんだって!

f:id:InvitationsToPeaks:20210823131401p:plain

あんな急な上り、歩ける自信無いよ…

f:id:InvitationsToPeaks:20210823131015p:plain

昔の私って凄かったね。剱岳登ってさ…偉かったよ(過去の栄光を懐かしむ引退した選手)

f:id:InvitationsToPeaks:20210824170451p:plain

鷲尾:過去は過去、今は今でしょ。(よそはよそ、うちはうち)

f:id:InvitationsToPeaks:20210824170545p:plain

シソの神:そうだよね…(実は大して話を聞いていない時の適当な相槌)

🚟 行くよ〜>(´ω` )و('、з っ )っずるずる

f:id:InvitationsToPeaks:20210824175118p:plain

那須ロープウェイ山麓駅。この場所で既に下界よりも涼しかったです。

f:id:InvitationsToPeaks:20210824175220p:plain

悪そうなクマやな。

ロープウェイは大人片道1,200円、往復1,800円でした🎫

我々は、下山は駐車場まで歩く予定だったので、片道分のみ購入!

f:id:InvitationsToPeaks:20210824175442p:plain

山頂駅。この日は雷警報が😱🚨

f:id:InvitationsToPeaks:20210823130437p:plain

齋藤:ねえ雷だって!!雷警報だって!!(気が気じゃない)

f:id:InvitationsToPeaks:20210823130554p:plain

鷲尾:早めに下山出来るようにしよう!

f:id:InvitationsToPeaks:20210823131115p:plain

齋藤:甲斐駒の悪夢を思い出せよ!忘れたとは言わせねええええええ

f:id:InvitationsToPeaks:20210823130807p:plain

鷲尾:…。(なんか言えや!笑)

f:id:InvitationsToPeaks:20210824175623p:plain

山頂駅。標高は既に1,684m。

f:id:InvitationsToPeaks:20210824175709p:plain

山頂駅からの景色。

f:id:InvitationsToPeaks:20210824180014p:plain

道標。

f:id:InvitationsToPeaks:20210824180041p:plain

那須岳の全体MAP🗾

f:id:InvitationsToPeaks:20210824180130p:plain

f:id:InvitationsToPeaks:20210824180602p:plain

見上げれば茶臼岳

f:id:InvitationsToPeaks:20210824180711p:plain

登っている人の姿が見えます🔍👀

f:id:InvitationsToPeaks:20210824180802p:plain

振り返れば朝日岳

山頂駅から茶臼岳山頂へ🥾親子で訪れている人が多数(´⊙ω⊙`)

f:id:InvitationsToPeaks:20210824181313p:plain

歩いていると、横目にはガーデンちっくな景色が広がります♪

f:id:InvitationsToPeaks:20210824181516p:plain

いけてるお兄さん

f:id:InvitationsToPeaks:20210824181554p:plain

だが・いけてる

f:id:InvitationsToPeaks:20210824181654p:plain

因みに足元は火山らしく、溶岩が固まったような箇所がありました。

f:id:InvitationsToPeaks:20210824181953p:plain

ゴロゴロ

f:id:InvitationsToPeaks:20210824182049p:plain

丸みを帯びた、蹴り飛ばしたい背中。

f:id:InvitationsToPeaks:20210824182243p:plain

ぶん殴りたい後頭部。

f:id:InvitationsToPeaks:20210824182505p:plain

人が写っている所を辿って行きます。足元の岩にルートの印があるので、道間違いは問題無し。

f:id:InvitationsToPeaks:20210824182627p:plain

心無しか自信なさげな猫背の人。

序盤の登りからかなり息が上がる、みこ道お兄さん…

f:id:InvitationsToPeaks:20210826120438p:plain

山頂が遥か彼方に見える…

30代と40代がゼエゼエ言いながら歩いていたら、後方から足音がしたので道を譲ると…

f:id:InvitationsToPeaks:20210826121205p:plain

勇者:こんにちは!

小学校高学年くらいの男の子が、挨拶をしてサクサク歩いて行きました。(他にも沢山の親子やお子さんとすれ違いました!夏休みだもんね🌻!)

f:id:InvitationsToPeaks:20210826121403p:plain

勇者の後ろ姿と朝日岳。クッッソカッコいいな!!

f:id:InvitationsToPeaks:20210826121509p:plain

勇者に負けるな!いけてるお兄さん!

若人の背中が眩しい、2021年夏。

f:id:InvitationsToPeaks:20210826121704p:plain

齋藤:子供って凄いね…あんな俊敏に動けて…(30代絶望)

f:id:InvitationsToPeaks:20210823125606p:plain

鷲尾:子供はバネがあるからね〜

f:id:InvitationsToPeaks:20210823130054p:plain

齋藤:今の私には脂肪しかない。

f:id:InvitationsToPeaks:20210826152524p:plain

カッコいい朝日岳

無事、茶臼岳山頂に到着v(´ω` )( ◜◡◝ ;)膝が…

f:id:InvitationsToPeaks:20210903115749p:plain

「もう少しで山頂だから頑張れよ」って道標

その後も沢山の勇者(子ども達)の背中を見送り、何度も立ち止まりながら(体力ゲージゼロ)

f:id:InvitationsToPeaks:20210903115904p:plain

三角点。

f:id:InvitationsToPeaks:20210903115934p:plain

火口。結構大きい!

f:id:InvitationsToPeaks:20210903120013p:plain

山頂の祠に続く鳥居が見えて来ました。

f:id:InvitationsToPeaks:20210903120202p:plain

なんか神々しい感じに撮れました。

f:id:InvitationsToPeaks:20210903120244p:plain

鳥居、横からの図。

写真を撮っていると、ちょうど親子が登ってこられ、お子さんが

f:id:InvitationsToPeaks:20210903120845p:plain

勇者:パパ!ちゃんとここ(鳥居)を通って行かなきゃダメなんだよ!

と言っている姿を見て

f:id:InvitationsToPeaks:20210903120941p:plain

何なのマジで子ども尊っ…(悲報:32歳、ワイ氏泣く)

お父さんに「お辞儀してから通ってね^^」と促され、ちょっと恥ずかしそうにペコっとお辞儀して通る姿がまた!!!

f:id:InvitationsToPeaks:20210903122153p:plain

尊すぎて何も言えない(腐れきった32歳、ワイ氏泣く)

我々も鳥居をくぐって

f:id:InvitationsToPeaks:20210903122332p:plain

参拝。(どうでもいいけど周りの岩に書かれた文字気になるわ)

f:id:InvitationsToPeaks:20210903122431p:plain

山頂に到着!

f:id:InvitationsToPeaks:20210903122459j:plain

✌️

f:id:InvitationsToPeaks:20210903122850p:plain

山頂から少しだけ降りた場所から見た景色✨

お鉢めぐりから「峰ノ茶屋跡避難小屋」へ🥾朝日岳登山を諦める速度が秒

f:id:InvitationsToPeaks:20210903123144p:plain

山頂付近は混雑していたので、サクッと写真を撮ってすぐにお鉢めぐりへ。

f:id:InvitationsToPeaks:20210903123853p:plain

上りはしんどかったのに、下りはあっという間に山頂を見上げる位置まで来ました。

f:id:InvitationsToPeaks:20210903124053p:plain

正面に朝日岳

f:id:InvitationsToPeaks:20210903124121p:plain

全体が見えてきました。

f:id:InvitationsToPeaks:20210903124301p:plain

カッコイイんだけど、我々これからコレ登るん?????

f:id:InvitationsToPeaks:20210903124411p:plain

内心「え?あの山(朝日岳)登れるか???」と混乱しかない人。

f:id:InvitationsToPeaks:20210903124553p:plain

既に心は挫折気味。

f:id:InvitationsToPeaks:20210903124649p:plain

見上げたらめっちゃカッコイイ岩が。

f:id:InvitationsToPeaks:20210903124759p:plain

f:id:InvitationsToPeaks:20210903124845p:plain

いけてるお兄さん

f:id:InvitationsToPeaks:20210903124937p:plain

景色は良いんだわ。

写真を撮っていたら、とんでもなく可愛い集団が登って来ました!

f:id:InvitationsToPeaks:20210903125247p:plain

保育園の年中さんくらい?のちびっ子達が引率されて一生懸命登ってきた!!!

まだ小さいので、手足を駆使して一生懸命登る姿が健気‼️

しかも一番感動したのが

f:id:InvitationsToPeaks:20210903125549p:plain

いい眺め♪

は?????

f:id:InvitationsToPeaks:20210903125705p:plain

齋藤:いけてるお兄さん(鷲尾)、今の言葉聞いた⁉️

f:id:InvitationsToPeaks:20210903131026p:plain

鷲尾:聞きました。

f:id:InvitationsToPeaks:20210903130124p:plain

齋藤:私なんか文句しか言ってないのにさ(流石にクソ過ぎ)、
あんな小さな子たちは一生懸命登って、しかも「いい眺め♪」だって…(猛省)

f:id:InvitationsToPeaks:20210903125950p:plain

私が亡くしたもの、心と純粋さ。(プライスレス)

f:id:InvitationsToPeaks:20210903130253p:plain

…。(なんか言えw)

f:id:InvitationsToPeaks:20210903130404p:plain

トボトボ歩く、クソ大人。笑

f:id:InvitationsToPeaks:20210903130551p:plain

避難小屋の手前にベンチがありました。

f:id:InvitationsToPeaks:20210823130554p:plain

鷲尾:時間的にもお昼だし、ここで昼食にしようか♪

昼食を食べながら(っ'-')╮=͟͟͞͞」🍙

f:id:InvitationsToPeaks:20210903131233p:plain

齋藤:我ら今からアレ(朝日岳)に登るんかい?歩くルート見えるけどさ…

f:id:InvitationsToPeaks:20210823130807p:plain

鷲尾:うーん…

f:id:InvitationsToPeaks:20210903131419p:plain

齋藤:再び上り返す自信ねーぞ…

f:id:InvitationsToPeaks:20210823130807p:plain

鷲尾:雷警報もあるし…やめとく?

f:id:InvitationsToPeaks:20210823130437p:plain

齋藤:うんっ!!!!(即答)

f:id:InvitationsToPeaks:20210903131648p:plain

齋藤:あの上りキツそうじゃない?私もう膝が笑ってんだけど。。。 
鷲尾:そう、だね…

体力無さすぎ、膝笑い過ぎ、諦め早過ぎ下山

f:id:InvitationsToPeaks:20210903132849p:plain

ってことで下山します。笑

f:id:InvitationsToPeaks:20210903132936p:plain

バイバイ朝日岳。曇って来たし、良い判断ということで!

下山していると唐突に

ヤッホーーーー!!!

f:id:InvitationsToPeaks:20210903133238p:plain

ビックリした

f:id:InvitationsToPeaks:20210823125606p:plain

鷲尾:朝日岳に登る途中、ちょうど斜面が壁になるから、ヤッホーって叫ぶと反響するんだね!

その後、真似して子ども達が「ヤッホー」と叫んでいましたが、最初に朝日岳に向かって叫んだ男性の声が優勝でした。(完璧な山びこだった)

f:id:InvitationsToPeaks:20210903133550p:plain

ちょっとした鎖場。

後はひたすら林道を下って行きます。

f:id:InvitationsToPeaks:20210903133901p:plain

下り切った所に、入山者カウンターがありました。初めて見た。

f:id:InvitationsToPeaks:20210903134014p:plain

狛犬さんがいました。

f:id:InvitationsToPeaks:20210903134103p:plain

ロープウェイ乗り場(山麓駅)に戻って来ました。

f:id:InvitationsToPeaks:20210823125820p:plain

鷲尾:ご苦労様!帰りの時間を考えたら、ちょうど良かったね。

f:id:InvitationsToPeaks:20210903134858p:plain

齋藤:それより私、膝が、膝が!!

f:id:InvitationsToPeaks:20210903135210p:plain

鷲尾:久々の登山でガレ場が多かったから、脚への負担も大きかったかもね。

f:id:InvitationsToPeaks:20210903135317p:plain

ドン‼️

いかがでしたか?笑

「如何も何も、お前クソ過ぎやろ!」って意見は置いておいて(笑)、普段子どもと関わる機会が皆無なので、なんだか久しぶりに純粋無垢な心の持ち主を見た気がしました。

心が腐りきったクソ大人な私にとっては沁みますわ。

クソみたいな私が言っても説得力無いですが、大人って楽しいよね。

f:id:InvitationsToPeaks:20210903144351p:plain

帰りに佐野SAで佐野ラーメンを食べました🍜

【ダイエット宣言】1年半で10kg近く太った女😱💣

みなさん、こんにちはヽ(•ㅂ•)/サイトーです!

 

さてさて早速タイトルですが…

実はこの1年半ほどで

f:id:InvitationsToPeaks:20210821141535p:plain

私10kg近く太ってしまいました😱ギャー‼️

自粛と療養のWで「家から出ない」要素が重なり、ただ食って寝て息するだけの生活😇

半ばまともな人間活動を放棄していたので、太る要素しかないわけです!

周りからは「前が細過ぎたから、丁度いいじゃん」なんて言われるのですが、ちょっと待ってくれよ!!と。

冷静に考えてみ?と。

お米10kgの袋、アレが身体についたんやで。笑

f:id:InvitationsToPeaks:20210821141631p:plain

笑えないんだが!!!

二の腕が太過ぎて、去年まで綺麗に着れていたワンピースが苦しそうだし、油断すると腹の肉がTシャツからはみ出そうとするし、スキニーパンツが最早スキニーじゃないし!!!

f:id:InvitationsToPeaks:20210821141748p:plain

こんなん泣くわ

身体の色んな部分が気になって、オシャレが楽しめなくなった…

これが私が「ダイエットしなきゃ」と思ったきっかけです!('、з)っ⌒っ

f:id:InvitationsToPeaks:20210821141818p:plain

ぽよん

実は数ヶ月前から整骨院に通うようになり、担当して下さっている先生が筋トレ好きなので、先日施術に訪れた際にチラッと聞いてみました!

f:id:InvitationsToPeaks:20210821141937p:plain

齋藤:先生、筋トレお好きですよね?オススメのダイエット方法とかありますか?

先生ダイエットですか…

f:id:InvitationsToPeaks:20210821142024p:plain

僕が知ってる知識の範囲内で良ければ^^

f:id:InvitationsToPeaks:20210821142217p:plain

齋藤:全っ然大丈夫です!体質とか個人差があるのは重々承知しております!(⇦藁にもすがる)

ということで、ダイエットや筋トレの知識に明るい整骨院の先生に教えてもらった内容を元に、無理せずお家で出来るダイエットを始めてみました!

先生から教えて頂いた知識は参考になるものが多かったので、ご紹介したいと思います

⚠️あくまで先生は専門家ではないので、そのへんご承知置き頂いた上でお読み下さいm(_ _)m 

インナーマッスルを鍛えて、基礎代謝を上げよう‘̿’\̵͇̿̿\=(  `◟ 、)=/̵͇̿̿/’̿̿ ̿ 

f:id:InvitationsToPeaks:20210821142316p:plain

先生:僕も行っている筋トレで、プランクはおすすめですよ!

鷲尾さんもYAMA  HACKさんの記事で執筆されていましたね!

f:id:InvitationsToPeaks:20210821142432p:plain

コレです!

先生これでインナーマッスルを鍛える事が出来るんですけど、インナーマッスルを鍛えると基礎代謝が上がるらしいんです。基礎代謝が上がると、同じ食事でも太りにくい体質になるみたいで、僕、食事制限いっさいしていないんですけど、体重の増加はなくなりました。

齋藤なるほど!プランクは効くって聞いたことあります!!

先生僕、夕飯もご飯おかわりする位、しっかり食べてるんですよ。食事の我慢って、やっぱりストレスになるじゃないですか。

f:id:InvitationsToPeaks:20210821143148p:plain

先生:だから食事制限はしないけれど、その分筋トレがはしっかりしていますね!

先生から基礎代謝を上げるメリットを教わってから、プランクと併せて、鷲尾さんから教わったスクワットを実践しています。

f:id:InvitationsToPeaks:20210821144550p:plain

膝をつま先より前に出さないようにしながら、1セット15回。

最初はグラつきますが、回数をこなす毎に慣れてきます💡

夜は炭水化物を抜く!フルーツは食べる時間に注意⚠️

f:id:InvitationsToPeaks:20210821145046p:plain

齋藤:食事で気を付ける事って何かありますかね?

よく、「炭水化物を抜くと痩せる」なんて聞きますが…

f:id:InvitationsToPeaks:20210821142024p:plain

先生:確かに僕が担当しているお客様の中で「痩せた」と仰る方は、

夜に炭水化物を抜いたみたいです。

先生僕個人として大事だと思っているのは、やっぱり1日3食規則正しく食べる事ですね。

人間も動物なので、例えばどこかで食事をまるっと抜いたり、不規則な食事になると、脳が「次に食事にありつけるのはいつか分からない」と思って、食べた分を全て吸収してしまう。そうなると悪循環なので、断食するよりも、量は少しでも必ず毎食食べた方が良いと思います。

f:id:InvitationsToPeaks:20210821141818p:plain

齋藤:なるほど!!

f:id:InvitationsToPeaks:20210821142316p:plain

 先生:それから果物は食べる時間に注意ですね。

先生果物は「朝は金、昼は銀、夜は銅(もしくは鉄)」と言われているので、食べる時間によっては余分なカロリーになりかねないそうです。果物の種類によるのかもしれませんけど…

f:id:InvitationsToPeaks:20210821150732p:plain

齋藤:なるほど!とても参考になります!!

あくまでも無理をしないこと!食事制限はストレスが溜まらない程度に💡

 先生からのアドバイスを元に、無理をし過ぎない程度の筋トレと食事制限を始めました。

f:id:InvitationsToPeaks:20210821150921p:plain

プランクと併せて腹筋も。

f:id:InvitationsToPeaks:20210821150955p:plain

夕飯は大好きなお米🍚を抜いて、野菜とタンパク質中心に。

f:id:InvitationsToPeaks:20210821151158p:plain

元々お米大好き人間なので、食べたい時は昼食で食べます🍚

太るのは簡単だけど、痩せるのって大変だな〜と日々痛感します。。。

年齢を重ねると、基礎代謝も落ちますからね><

先生に

f:id:InvitationsToPeaks:20210821141937p:plain

齋藤:やっぱり走ったりした方がいいですかね?

と尋ねたところ

f:id:InvitationsToPeaks:20210821142024p:plain

先生:齋藤さんは体調面の心配もあるので(病気のことを知ってます)、

そこは無理しなくていいと思いますよ。

f:id:InvitationsToPeaks:20210821142316p:plain

先生:走るなら夏よりも冬の方がオススメです。

夏は沢山汗をかいて満足感は得られますが、そのほとんどは水分が出ただけなんです。

先生冬の方が寒いので、体温を上げようとエネルギーを使いますよね。なので、もしも走るなら冬になってからでも良いかもしれません。

f:id:InvitationsToPeaks:20210821141818p:plain

ということで、そこは無理しない事に…

お金をかけた力技💸エステティシャンとマンツーマンで痩せる

あとは痩身エステ!!

「餅は餅屋に」ってことで、ここまで太ったらある程度プロの力もお借りしないと…

f:id:InvitationsToPeaks:20210821153500p:plain

やれる事全部やる!(泣)

まずは体験で訪れた日…🐥

f:id:InvitationsToPeaks:20210823075925p:plain

めちゃくちゃ細くて美人なお姉さん登場!!眩しいいいい✨

f:id:InvitationsToPeaks:20210823081425p:plain

エステティシャンさん:担当させて頂きます〇〇です。よろしくお願い致します^^

施術を始める前にカウンセリング📝

f:id:InvitationsToPeaks:20210823081635p:plain

エステティシャンさん:身体で特に気になる部分はありますか?

f:id:InvitationsToPeaks:20210823081722p:plain

齋藤:ウエストと二の腕ですね。元々服が好きなんですけど、太ってから服が苦しそうというか… オシャレを楽しめなくなったんです。

f:id:InvitationsToPeaks:20210823081907p:plain

エステティシャンさん:オシャレを楽しめないと辛いですよね…

施術で機械を当てて、状態をみてみましょう!

f:id:InvitationsToPeaks:20210823082132p:plain

フォースカッター(ドラえもん風)

f:id:InvitationsToPeaks:20210823081635p:plain

エステティシャンさん:お臍周りが冷たいですね!

f:id:InvitationsToPeaks:20210823082404p:plain

齋藤:そうなんですよ!いつもココ(お臍周り)だけ冷たくって。この冷えって何なんですかね?

f:id:InvitationsToPeaks:20210823082213p:plain

エステティシャンさん:脂肪ですね!

f:id:InvitationsToPeaks:20210823082540p:plain

齋藤:えっっっ!!?

f:id:InvitationsToPeaks:20210823082213p:plain

エステティシャンさん:脂肪って冷たいんですよ!

f:id:InvitationsToPeaks:20210823082744p:plain

マジかーーーーー

f:id:InvitationsToPeaks:20210823081635p:plain

エステティシャンさん:齋藤さんの背中は浮腫みと歪みがありますね。

f:id:InvitationsToPeaks:20210823082953p:plain

齋藤:私…長いこと引きこもりしてまして、、姿勢も生活リズムもグチャグチャだったんです。

エステティシャンさん長い年月をかけて付いてしまった脂肪や浮腫みや歪みは、簡単には直せないので、定期的に通って頂いた方がリバウンドしづらい身体作りをアドバイス出来ると思います。それに…

f:id:InvitationsToPeaks:20210823083913p:plain

エステティシャンさん:齋藤さん、先程仰ってましたよね、「自己肯定感が低い」って。

f:id:InvitationsToPeaks:20210823084015p:plain

齋藤:はい…

f:id:InvitationsToPeaks:20210823084054p:plain

エステティシャンさん:少しでも自分の身体を好きになってもらえるような、

お手伝いをさせて頂きたいんです!

f:id:InvitationsToPeaks:20210823084422p:plain

営業トークと分かっていても、揺さぶられる!

f:id:InvitationsToPeaks:20210823084614p:plain

エステティシャンさん:それに、自律神経を整える効果もありますよ!

f:id:InvitationsToPeaks:20210823081722p:plain

齋藤:じゃ、じゃあ、ひとまず3ヶ月間集中して通ってみようかな…

f:id:InvitationsToPeaks:20210823084845p:plain

料金プラン(現実)を見た時のワイ(エステの中では安い方です)

f:id:InvitationsToPeaks:20210823085811p:plain

齋藤:カードで!!(払いました)

ということで、大金も叩いたわけで…

f:id:InvitationsToPeaks:20210821153751p:plain

挫折するまで頑張ります💪🏻

母親が数億年ぶりに良いこと言ったので雪降りそう

みなさん、こんにちは( ´˂˃` )齋藤です!

 

ブログを投稿している本日8月19日は…

そう!ハイキュー!!の日(´⊙ω⊙`)

f:id:InvitationsToPeaks:20210818172229j:plain

古舘先生の描くイラストはいつも素敵!!

毎年この日は熱いぜ(๑꒪͒∀꒪͒๑)✨オタク歓喜

去年は白馬山荘で電波が入らず荒れ狂ってました笑

 

先日の閉会式を迎えるまで、自宅で大人しくオリンピック観戦をしていたのですが、やっぱり誰かが頑張っている姿を見るのは、胸が熱くなるな〜と感じました。

私は感情移入しやすいので、一緒に喜んで一緒に落ち込んで、泣いて(笑)まあ忙しかったです。笑

数あるオリンピック種目の中でも、やっぱり男子バレーボールがめちゃくちゃ面白かった!

ハイキュー!!を読んでいたので、ある程度ルールが分かるから、っていうのもあったと思います。

 

そんなバレーボール熱が大沸騰していたある日…

Prrr...📲

f:id:InvitationsToPeaks:20210527025800p:plain

母:オリンピック見てるー^^?(結構頻繁に連絡を取り合うようになりました)

f:id:InvitationsToPeaks:20210527231218p:plain

ワイ:見てるよ!っていうかさ…

f:id:InvitationsToPeaks:20210527033243p:plain

男子バレー激アツじゃね!!?石川選手、最高なんだが!!!

f:id:InvitationsToPeaks:20210527142116p:plain

母:激アツって何が???

f:id:InvitationsToPeaks:20210527012358p:plain

齋藤:盛り上がってるよねってことを言いたい

f:id:InvitationsToPeaks:20210527030056p:plain

母:確かに今のメンバーは凄いよね!

f:id:InvitationsToPeaks:20210527033243p:plain

齋藤:マジでアツいわー!!石川選手最高ー西田選手最高ーらんらん最高ー!!

f:id:InvitationsToPeaks:20210527140734p:plain

ワイ:マジであの中の誰かと結婚できねーかなー

f:id:InvitationsToPeaks:20210527014910p:plain

母:お前は現実を見ろよ笑

f:id:InvitationsToPeaks:20210527010440p:plain

(そこはノってきて欲しかった)

f:id:InvitationsToPeaks:20210527014207p:plain

母:選手達は今テレビに映って競技をしているから、そりゃカッコ良く見えるよ⇦現実を理解し過ぎている鬼

f:id:InvitationsToPeaks:20210527031627p:plain

母:でもあの人達は、あのオリンピックの舞台に立つまで、

私達の見えない所で沢山苦労も努力もしてるし、辛い思いや苦しい思いもして来てるんだよ。

f:id:InvitationsToPeaks:20210527032149p:plain

母:オリンピックの舞台に立てる事自体が素晴らしいこと。

結果はどうであれ、彼らを批判したり否定する権利は、私たちには無いよね。

f:id:InvitationsToPeaks:20210527031310p:plain

母:あの場所に立てるだけでも素晴らしい事なんだから。

f:id:InvitationsToPeaks:20210528015041p:plain

ワイ:あんたいつからそんな真っ当な事言うようになったん笑

f:id:InvitationsToPeaks:20210528014528p:plain

母:だって、メンタルもフィジカルも調子を整えるって、簡単な事じゃないでしょ?

母の口からアスリートへの批判は聞いた事が無く、いつも「〇〇選手残念だったよね、悔しいね」とか、純粋に「凄いね!!」と真っ直ぐな言葉が出てくるんですよね。(不思議〜)

f:id:InvitationsToPeaks:20210529193248p:plain

母:みんな誰だって見えない所で努力している。

そのバックグラウンドが無いものかのように、結果だけを批判するのは違うと思う。

f:id:InvitationsToPeaks:20210527010440p:plain

ワイ:人生で初めてアナタからまともな言葉を聞きました。涙

f:id:InvitationsToPeaks:20210527030445p:plain

母:え?

これって別にアスリートに限った話では無くて、人間誰しもそこに至るまでのバックグラウンドがあるわけです。

そこを端折って批判するのも否定するのも違うかな〜っていうのを、母親含め、薬物依存症と向き合う友人からも教わりました。

頭ごなしに否定するのは簡単。

誰かの人生を勝手に断片的に切り取ってしのごの言うのではなく、その背景にも想像力を膨らませられるようになったら良いですね!

 

-後日-

Prrr...📲

f:id:InvitationsToPeaks:20210528014528p:plain

母:お前枝豆食べない?ご近所さんから沢山頂いたからあげるよ!

f:id:InvitationsToPeaks:20210527230950p:plain

ワイ:あるなら食べます⇦基本受け身

数日後☀️

f:id:InvitationsToPeaks:20210527012027p:plain

量考えろや!!一人暮らしで消費する量ちゃうやんけ!!

とんでもない量の枝豆が送られて来ましたとさ。笑

8月上旬:リハビリ登山?宝永山・宝永火口ハイキング🗻

みなさんこんにちは!齋藤です₍ ᐢ. ̫ .ᐢ ₎

f:id:InvitationsToPeaks:20210615174221p:plain

連日酷暑ですね。(地球温暖化本気出しすぎ)

20代の頃は夏が好きだったのに、流石にここまで来ると「好き」と言えなくなってきた¯\( ˘–˘ )/¯

f:id:InvitationsToPeaks:20210615180510p:plain

調子狂うわっ!!

さてさて、7月某日☀️

f:id:InvitationsToPeaks:20210615181625p:plain

齋藤(白銀会長):そろそろ運動して痩せなければ…(ほっぺの肉がヤバい)

f:id:InvitationsToPeaks:20210615234457p:plain

鷲尾(藤原書記):齋藤さんの体調も安定して来たし、どこか山に行かない?

f:id:InvitationsToPeaks:20210615202500p:plain

齋藤:うん…でもまあ、あのそのえっと(←全力で言い訳を考える)

f:id:InvitationsToPeaks:20210615201335p:plain

鷲尾書記:日帰りで行ける高所登山もあるよ〜

f:id:InvitationsToPeaks:20210616001004p:plain

齋藤会長:だ・ど・え・ば?(顔ヤメロ)

f:id:InvitationsToPeaks:20210615235025p:plain

鷲尾:富士山の中腹、宝永山とか、それこそ千畳敷カールとか♪

f:id:InvitationsToPeaks:20210615201731p:plain

会長:日帰りで高所か…確かに良いかもしれん。。

f:id:InvitationsToPeaks:20210615173928p:plain

書記ちゃん:コースタイムは短く、荷物は軽く。しんどかったら無理しないで下山すればいいし。

f:id:InvitationsToPeaks:20210615173625p:plain

会長:では、宝永山に行ってみよう!富士山の麓(富士宮)までは行ったことがあるけれど、

それよりも近くで富士山が見えるでしょ?

f:id:InvitationsToPeaks:20210615233829p:plain

鷲尾:もちろん!!目の前だよ🗻✨

f:id:InvitationsToPeaks:20210615184310p:plain

齋藤:宝永山に決定だ!!ソーランソーラン!

ってことで、今まで散々渋ってた割に、すんなり決まりました笑

f:id:InvitationsToPeaks:20210615180344p:plain

鷲尾書記:え!?あっさり決まった!?(←恐らく内心めっちゃ驚いてたw)

寝不足による情緒不安定⚡️移動の車内で壊れる齋藤🤪

ぶーん🚗<o(´ω` )ʕʘ‿ʘʔ静岡さ行くだ

f:id:InvitationsToPeaks:20210615181903p:plain

突然音楽をかけて歌いだす齋藤

f:id:InvitationsToPeaks:20210615174221p:plain

無になる齋藤

f:id:InvitationsToPeaks:20210810102545p:plain

突然踊りだす齋藤(何してんの)

f:id:InvitationsToPeaks:20210615173928p:plain

運転手・書記ちゃん:〜♪

f:id:InvitationsToPeaks:20210616001004p:plain

齋藤:つっこまんのかい!!

f:id:InvitationsToPeaks:20210615174952p:plain

鷲尾書記:いつものことじゃん。笑

f:id:InvitationsToPeaks:20210810102748p:plain

私っていつもこんななのか笑

平常運転みたいです。笑

f:id:InvitationsToPeaks:20210810103053p:plain

会長:実はさ、、

f:id:InvitationsToPeaks:20210810104620p:plain

齋藤:昨晩、修学旅行前の中学生みたいに寝れなくてさ、寝不足なんだわ。(顔こっっわ)

f:id:InvitationsToPeaks:20210615173928p:plain

鷲尾:あ、そうなの。

f:id:InvitationsToPeaks:20210615180039p:plain

リアクションうっっっっす!!!慣れってスゲー!!

そうこうする間に静岡県に突入🚗<o(´ω` )ʕʘ‿ʘʔ

f:id:InvitationsToPeaks:20210810105551p:plain

齋藤会長:あ、あ、アレは!あの看板は!!

f:id:InvitationsToPeaks:20210810105745j:plain

「さわやか」である。

f:id:InvitationsToPeaks:20210810105835p:plain

会長:鷲尾さん見て…念願の…念願の「さわやか」!!

f:id:InvitationsToPeaks:20210810110150p:plain

書記ちゃん:おおっ!!これが噂の♪

f:id:InvitationsToPeaks:20210810110052p:plain

会長:ほ、本物だあ〜🥺💗感動

f:id:InvitationsToPeaks:20210810110455p:plain

書記ちゃん:凄い賑わってるね!さすが有名店✨

f:id:InvitationsToPeaks:20210810110553p:plain

会長:下山した後、寄らない?空いてる時間帯を狙って🔫💗

f:id:InvitationsToPeaks:20210810110820p:plain

鷲尾:うーん、ウチらが県外から来てるってのもあるし、

店内での飲食は控えよっか!残念だけど!

f:id:InvitationsToPeaks:20210810110951p:plain

唯一の楽しみを失い廃になる齋藤

旅先でのトラブルは付き物⚠️ご利用は計画的に🚌!

水ヶ塚駐車場に到着🚗<o(´ω` )(O_O)

ここから登山口の富士宮口まではマイカー規制の為、バスかタクシーに乗り換えます🚌🚕

f:id:InvitationsToPeaks:20210810112331p:plain

森の駅 富士山

f:id:InvitationsToPeaks:20210810112406p:plain

バス乗り場🚌

ここからちょっとしたドタバタがありまして…

登山口までのシャトルバスは毎時00分発なのですが、我々が到着した時既に出発していたはずなのに、写真の通りバスが停まっていたんですね。

最初、きっぷ売り場のスタッフさんから

💁‍♀️:次のバスはまた1時間後なので、急ぐようであればタクシーをご利用下さい。

と案内されたので、タクシーを探そうとしたら、

💁‍♀️:やっぱりこのバス(写真に写っているバス)登山口まで行くので、コレに乗っちゃって下さい!

f:id:InvitationsToPeaks:20210615234015p:plain

ホワッツ???

バスは出発間近だったので急いで駆け込み、車掌さんに尋ねると、確かに登山口まで行くとのこと。

なんと、バス会社が違うだけでアナウンスしないという…

f:id:InvitationsToPeaks:20210615180039p:plain

正直、利用者側からしたら関係無いのですが!!!

バスの乗車料金も、毎時00分発のバスは乗車前に切符を買えるのですが、我々が乗車したバスは降車時に現金払い💴

「金額ピッタリでお願いします」と言われ(キリの良い金額ではないので、端数でます)、両替機はありますが、万札は両替出来ませんでした💦

f:id:InvitationsToPeaks:20210615181625p:plain

なんやねん、このシステム

f:id:InvitationsToPeaks:20210615181517p:plain

はっきり言うけど、アナログ過ぎるわ!!

逆にこのシステムで今までよーやって来たな。インバウンドもおるのに…

f:id:InvitationsToPeaks:20210615174221p:plain

ハハッ、エグゼクトマン♪

みなさんも行かれる際には、要確認下さいませ¯\( ˘–˘ )/¯

登山口の富士宮口に到着(´ω`)(O_O)齋藤、久しぶりの高所

色々ドタバタしましたが、無事「富士宮口」に到着し、身支度をすることに‹\(´ω` )/››‹‹\(  ´)/›› ‹‹\( ´ω`)/

f:id:InvitationsToPeaks:20210810120158p:plain

仮設トイレがズラリ🚻

f:id:InvitationsToPeaks:20210810120331j:plain

中はこんなかんじ。便器右上のボタンを足で踏むと流れる水洗トイレです🧻

f:id:InvitationsToPeaks:20210810120555j:plain

トイレの場所が記された地図🗺

トイレを済ませて歩き始めると、早速可愛いお花達がお出迎え🧚‍♂️

f:id:InvitationsToPeaks:20210810123539p:plain

ヤマホタルブクロらしいです。鷲尾さんが珍しく植物の名前を知っていた!笑

f:id:InvitationsToPeaks:20210810123641p:plain

こちらは紫色のヤマホタルブクロの群落(*ฅ́˘ฅ̀*)♡

f:id:InvitationsToPeaks:20210810124002p:plain

御嶽山と同じく、活火山の独立峰らしい地質。

f:id:InvitationsToPeaks:20210810124220p:plain

天然の岩に人工的な記念碑がいきなりドーンだYO!

(この記念碑の前に、富士山保全協力金を支払う場所があります💰)

f:id:InvitationsToPeaks:20210810124423p:plain

全体MAP🗾ドーンだYO!

4ヶ国語対応。さすが世界自然遺産

f:id:InvitationsToPeaks:20210810124743p:plain

歩き始めは階段。写真の通り浮石が多いので、富士登山で下山のくたびれた足にはしんどそう…

f:id:InvitationsToPeaks:20210810124927p:plain

標高2,400m地点\( •̀ω•́ )/久しぶりに高所に来ました!

東京タワーに上ってる時には東京タワーが見えない現象、富士山ver,発動

f:id:InvitationsToPeaks:20210810125544p:plain

正面に山頂がですね…🌥

f:id:InvitationsToPeaks:20210810125642p:plain

正面がですね…🗻

f:id:InvitationsToPeaks:20210615180039p:plain

齋藤:あの雲の峰の向こうに、ラピュタがあるんだ!!

f:id:InvitationsToPeaks:20210810110455p:plain

鷲尾書記:ガスってて山頂まで見えないね!おかげで涼しいけど( ᐢ˙꒳​˙ᐢ )

f:id:InvitationsToPeaks:20210615201731p:plain

齋藤会長:東京タワー上ってる時に東京タワーが見えないのと同じだな。

f:id:InvitationsToPeaks:20210810130009p:plain

バスを降車した場所の仮設トイレに記されていた、トイレを発見🔍👀

f:id:InvitationsToPeaks:20210810130447p:plain

束の間の雲の合間。ふつくしい

f:id:InvitationsToPeaks:20210810130531p:plain

見上げる度思いますが、やっぱりスケールがデカい!

f:id:InvitationsToPeaks:20210810130859p:plain

因みに足元はこんなかんじ。

f:id:InvitationsToPeaks:20210810130937p:plain

書記(鷲尾)様の後ろ姿。

f:id:InvitationsToPeaks:20210810131023p:plain

ブルドーザーが通った跡🚜

f:id:InvitationsToPeaks:20210615202500p:plain

ポンコツ:何でブルドーザーなんだっけ???

f:id:InvitationsToPeaks:20210615173928p:plain

鷲尾様:ヘリが飛べないからだよ( •⌄• )◞前に言わなかったっけ?

f:id:InvitationsToPeaks:20210615174619p:plain

齋藤:聞いたんですけど、脳みそが「記憶」という作業をしておりませんで!

(話をまともに聞かない人類代表)

f:id:InvitationsToPeaks:20210810131819p:plain

書記ちゃん:独立峰で気流の変化が激しいから、基本的にヘリコプターは飛べないんだよ。

だからブルドーザーを使うの!

f:id:InvitationsToPeaks:20210615174221p:plain

ポンコツ:ハハッ、エグゼクトマン♪(うっっっざww)

だそうです。笑

あっという間に6合目に到達(「・ω・)「

f:id:InvitationsToPeaks:20210810132131p:plain

あっという間に、6合目の「雲海荘」前に着きました!

f:id:InvitationsToPeaks:20210810132236p:plain

2,400m地点の看板から90mしか歩いてないのに、めちゃくちゃ息が上がる…

宝永山に向けて、「雲海荘」を通過します(´ω`)ʕʘ‿ʘʔ

f:id:InvitationsToPeaks:20210810132915p:plain

天空の城を見上げる書記ちゃん。

f:id:InvitationsToPeaks:20210810132953p:plain

ラピュタ

f:id:InvitationsToPeaks:20210810133036p:plain

てくてく🐾

f:id:InvitationsToPeaks:20210810133109p:plain

隠れた

f:id:InvitationsToPeaks:20210810110150p:plain

鷲尾:齋藤さん!コレ落葉松(カラ松)だよ♪

f:id:InvitationsToPeaks:20210810133318p:plain

これ↑

ここで、書記ちゃん(秀才鷲尾さん)による豆知識〜✨
落葉松は読んで字の如く、「落葉」と書くので、秋になると金色に紅葉し冬には葉が落ちてしまいます。

そして翌年の春にはまた新緑が芽吹くのです。

普通の松は紅葉しませんよね!

f:id:InvitationsToPeaks:20210810110820p:plain

八ヶ岳やアルプスなどで見かける「ハイマツ」とは別の種類です♪

f:id:InvitationsToPeaks:20210810140124p:plain

ポンコツ:植物には疎いのに、そこは詳しいのね。(お前が言うな)

f:id:InvitationsToPeaks:20210810140209p:plain

鷲尾:昔読図の講座で言ってたんだよね!

f:id:InvitationsToPeaks:20210810140454p:plain

マジでこの人(鷲尾さん)の引き出し、底知れね〜

突如目の前においでなすった宝永山!!

f:id:InvitationsToPeaks:20210810140836p:plain

ドーンだYO!

f:id:InvitationsToPeaks:20210810140923p:plain

かなり迫力があります!

f:id:InvitationsToPeaks:20210810141015p:plain

強い絵面

f:id:InvitationsToPeaks:20210810141044p:plain

夏ってかんじ。

f:id:InvitationsToPeaks:20210810141359j:plain

なんか右の人、イラつくポーズと顔してんな。笑

f:id:InvitationsToPeaks:20210810142456p:plain

宝永火口の底に向かって歩いて行きます🐾

f:id:InvitationsToPeaks:20210810142537p:plain

ザックなんとかしろよー😩

f:id:InvitationsToPeaks:20210810142608p:plain

夏!!!!

f:id:InvitationsToPeaks:20210810142655p:plain

f:id:InvitationsToPeaks:20210810143002p:plain

宝永火口の底に到着

f:id:InvitationsToPeaks:20210810143102p:plain

周囲には岩がゴロゴロ

f:id:InvitationsToPeaks:20210810143150p:plain

宝永山の山頂を見上げる書記の鷲尾

f:id:InvitationsToPeaks:20210810143233p:plain

写真の左側に、山頂へ続く道があります

弱音しか吐かない、食い意地しか張らない最悪の女!

f:id:InvitationsToPeaks:20210615201335p:plain

鷲尾:どうする?山頂まで行く?

f:id:InvitationsToPeaks:20210810103053p:plain

ポンコツ齋藤:…(いや!めっちゃ急登やん!!)

f:id:InvitationsToPeaks:20210615201056p:plain

齋藤:言ってもいいですか?

f:id:InvitationsToPeaks:20210615173928p:plain

鷲尾:ん?

f:id:InvitationsToPeaks:20210615181625p:plain

齋藤:アレ(急登)を登れる気がしない!!

f:id:InvitationsToPeaks:20210810110455p:plain

鷲尾:じゃあ無理しなくていいよ^^

f:id:InvitationsToPeaks:20210810144139p:plain

会長:お昼にしない🍙?(マジで最近食べる事しか考えてません。そしてどんどん太ってます)

f:id:InvitationsToPeaks:20210810110150p:plain

書記ちゃん:ちょうどテーブルも空いてるし、眺めも良いしね♪

f:id:InvitationsToPeaks:20210810144613p:plain

富士山も宝永山も眺められる、マジの特等席です!!

f:id:InvitationsToPeaks:20210810144842p:plain

会長:さあ、いただきましょう( ◜◡◝ )♬*←満足気

f:id:InvitationsToPeaks:20210810145008j:plain

昼飯🍙🍙🍙🍙🍙(齋藤は3つ食べますwww)

f:id:InvitationsToPeaks:20210810110553p:plain

ただのデブ:やっぱりこういう景色の良い場所で食べると美味しいよね🍙💕

(食欲が満たされ情緒が安定しだすww)

f:id:InvitationsToPeaks:20210810110455p:plain

鷲尾:齋藤さん、おにぎり3つも食べるの?www

f:id:InvitationsToPeaks:20210615174619p:plain

齋藤:食べるよ!!(迷い無し!)

f:id:InvitationsToPeaks:20210810145705p:plain

あの雲の中にラピュタが…(←まだ言ってる)

日帰りで長居は出来ない為、早々に下山🥾

f:id:InvitationsToPeaks:20210810150525p:plain

結局、富士山の山頂はガスのまま見えず><

f:id:InvitationsToPeaks:20210810150617p:plain

来た道を戻ります🐾

f:id:InvitationsToPeaks:20210810150651p:plain

名残惜しい…

f:id:InvitationsToPeaks:20210810150725p:plain

名残惜しいいいい

f:id:InvitationsToPeaks:20210810150800p:plain

謎に指を差す鷲尾さん。ラピュタの方向そっち?

f:id:InvitationsToPeaks:20210810150920p:plain

鷲尾さんに「載せて^^」って言われたから載せます。ジョジョ立ち

f:id:InvitationsToPeaks:20210810151013p:plain

大好きな東方仗助

ジョジョ立ち」って、人間の限界ちょいって角度で描かれてるらしいので、忠実に再現するの結構難しいですよね。

f:id:InvitationsToPeaks:20210810151437p:plain

写真撮影に夢中の書記ちゃん。

帰りはタクシーで駐車場まで戻りました🚕=3

ストイックに”頑張る”の辞めた( _`ω、)_ 〜∞

今回、登山どころかハイキングレベルのゆる〜い山行だったのですが、久々という事もあってか、このくらいがちょうど良かったです。

多分、無理して急登を歩いて山頂まで目指していたら、「こんなにしんどいの嫌だ…」って言いかね無いので。笑

ただ、これじゃあ運動としては全っっ然弱いよね。笑

痩せたいのに、運動量より食欲が勝っているという◊ ( ∩"◡"∩) ◊デブまっしぐら!

 

帰り道🚗<o(´ω` )ʕʘ‿ʘʔ東京さ帰るだ

f:id:InvitationsToPeaks:20210810110052p:plain

齋藤:「さわやか」、寄らない?

f:id:InvitationsToPeaks:20210810110455p:plain

鷲尾:また今度、コロナが落ち着いた時にね!

f:id:InvitationsToPeaks:20210810110951p:plain

・・・・・。

f:id:InvitationsToPeaks:20210810105745j:plain

永遠の憧れ

f:id:InvitationsToPeaks:20210811122534p:plain

齋藤:げんこつハンバーグ、食べたかった!!!号泣

私の”登山”は誰のため?

みなさん、こんにちは!

f:id:InvitationsToPeaks:20210720133213p:plain

エボシです。

毎日暑いですね💦

ホント、熱中症にご注意くださいませ😵⚠️

 

さてさて、早速タイトル回収に行こう!

ブログ等で少しずつ活動を再開するようになってから、こんな私にも有り難い事に、様々な形でメッセージが頂くようになりました。

早くまた登山復帰して下さいね!」

f:id:InvitationsToPeaks:20210720134024p:plain

うっっっっ(心臓痛え)

早く山で笑顔の写真待ってます!

f:id:InvitationsToPeaks:20210720134224p:plain

ううううっっ(負傷)

大変ありがたいお言葉なのですが、「早く」という言葉を頂戴する度、私の心臓がワサワサします。

f:id:InvitationsToPeaks:20210720134345p:plain

鷲尾:相手は別に悪意を持って言ってるわけではなくて、

純粋にそう思ったから言葉をかけてくれたんだよ。

f:id:InvitationsToPeaks:20210720134929p:plain

齋藤:そう、純粋だ。私の病気も詳しく知らないだろう。

だからこそ、その純粋な言葉に応えられない自分に罪悪感を感じる。

f:id:InvitationsToPeaks:20210720135051p:plain

齋藤:好きで行っていた登山が、いつしか義務感とか使命感に変わった。

”行きたい”から”行かなければいけない”という強迫観念に変わった途端、

人の心はどうなると思う?

f:id:InvitationsToPeaks:20210720135439p:plain

齋藤:「山に行かない私は誰からも必要とされなくなるかも」という恐怖感、分かる?

f:id:InvitationsToPeaks:20210720135548p:plain

鷲尾:人の言葉や反応に過敏になりすぎ。強迫観念も自分で創り上げた想像でしかないよ。

f:id:InvitationsToPeaks:20210720135700p:plain

齋藤:そうだよ。でも、今まで私の様子を見てきて、そんなのとっくの前から分かっているだろ。

f:id:InvitationsToPeaks:20210720135906p:plain

齋藤:何も知らない人達からかけられる優しい言葉ほど、苦しいものない。

f:id:InvitationsToPeaks:20210720135548p:plain

鷲尾:そりゃSNSでしか交流がない訳だから、何も知らなくて当然だよ。

f:id:InvitationsToPeaks:20210720140007p:plain

鷲尾:読者のみなさーん、今ちょっとこの人、闇堕ちモードなのでスルーして下さーい📣

実は6月中旬〜下旬にかけて、また調子がおかしくなってきたので、掛かり付け医に相談し、まだ薬を調整したばかりなんですね。

私の場合、調子が崩れる変化が分かりやすくて

・被害妄想が強くなる

・発狂

・自己嫌悪からの「私なんかいない方が良い」理論

希死念慮⚠️

ってな具合。

希死念慮(自殺願望)が強くなったら完全に黄色信号で、自ら危険な行動をとってしまう前に、病院に行くようにしています。(これは先生に褒められた)

f:id:InvitationsToPeaks:20210720140854p:plain

齋藤:自発的に「行きたい」と思って行くから楽しいの。

人様に言われたから行くとか、写真は笑顔じゃなきゃ…とかって固定観念押し付けられても。

f:id:InvitationsToPeaks:20210720141045p:plain

齋藤:笑顔って、楽しい時自然に込み上げてくるものじゃない?

f:id:InvitationsToPeaks:20210720141116p:plain

鷲尾:だからさ、別に焦る必要無いんだって。

f:id:InvitationsToPeaks:20210720141207p:plain

齋藤:それまで、私の存在は不必要にならない?

f:id:InvitationsToPeaks:20210720141629p:plain

鷲尾:そこで離れるならそれまで。別に構わない。

それでも見守ってくれる純度の高い人達だけで十分だよ。

f:id:InvitationsToPeaks:20210720142209p:plain

齋藤:頼もしいな、相棒!

夏山シーズンが始まりましたが、宿泊を伴うアルプスなどへの登山は難しいと考えています。

というのも、1日に飲まなきゃいけない薬の量がめちゃくちゃ多いんですね。

お水も限られるし〜って事を考えると、暫くは日帰りかな〜と思ってます。

 

ってことで、今後ものんびり見守って下さいな〜🐞

f:id:InvitationsToPeaks:20210720142416p:plain

薬を調整してから、割と落ち着いてるし元気でーす!

歪な環境で育った私たちが思う、”家族”って、”親子”ってナンダ?

みなさん、こんにちは!齋藤です=͟͟͞͞ʕ•̫͡•ʔ

f:id:InvitationsToPeaks:20210623235322g:plain

最近の主食はアイス🍦血糖値爆上げ🤪

今回は、私が療養期間中に薬物依存症治療中の友人と話題になったテーマの一つ、「家族関係」や「親子関係」について書こうと思います。

友人も私も、これまで様々な境遇の人と出会って来た中で、「やっぱり親からの愛情って大切」という結論に至りました。

 

そんな会話のほんの一部をご紹介します。

f:id:InvitationsToPeaks:20210623212526p:plain

親からきちんと愛情をもらって育った子供は、私たちの様にはなりません。笑

※ブログ内の私たちの会話で、お互いに「お前」呼びをしていますが、実際は名前で呼び合っています。(実名を伏せる為、ご了承下さい🙇‍♀️)

友人の複雑な家族構成

f:id:InvitationsToPeaks:20210623202425p:plain

友人:うちの父親って、バツ4だったんだよね。言ったっけ?笑

f:id:InvitationsToPeaks:20210623202502p:plain

齋藤:いや、亡くなったのは聞いてたけど(友人のお父様は、数年前に亡くなっています)、

バツ4は知らんぞ。笑 ビッグダディかよ。

 友人そうなの!ww でもビッグダディと違って、離婚したら前妻や子供達とは一切交流を絶っていたんだよね。

齋藤じゃあ、お前は何も知らないんだ。

友人前妻との間に子供が何人いる〜とかは知ってるけれど、その人達がどこに住んでいるのか、今何歳なのか、全然知らないよ。

齋藤まあ、そんなもんかもな。お前が小学生の時に再婚して、義理の母が来たって言ってたよね?

友人それが4人目!その人も結局出て行って、離婚しちゃったんだけどね。

齋藤ってことは、お前のお母さんは3人目の再婚相手?

友人2人目と3人目!

f:id:InvitationsToPeaks:20210623202756p:plain

齋藤:は!!?

友人私のお母さんと1回結婚して(再婚2回目)、離婚して、また再婚したの(再婚3回目)

齋藤ややこっっw

友人めっちゃややこしいよね。笑 だから結構複雑なんだよ〜

齋藤お前のお母さんって確か…

友人めっちゃ自由人!父親と離婚してからも、常に彼氏というか、男がいるんだよね。別れてもまた次の彼氏が出来るし。

齋藤年齢を考えれば、モテるのが羨ましいというか、凄いよね!電話越しに何回かお声を聴いたけれど、可愛らしいよね、よく笑うし^^

友人そう!うちのママよく笑うんだよね〜。

齋藤恋愛体質なんだろうね^^

友人うん!ずっと恋していたいんだと思う。中身はいつまでも女の子なんだよ〜

齋藤お母さんは、お父さんが亡くなる時、付き添ってたりしたの?

f:id:InvitationsToPeaks:20210623202904p:plain

友人:まさか!もう離婚してるんだから、そんなの無いよ。

齋藤え、じゃあお父さんは誰が看取ったの?

友人施設の人。最期は一人で亡くなった。私は行きたかったんだけど、確かその時何かあったんだよね〜思い出せないんだけど。(お父様が亡くなった直前か直後くらいに、彼女は薬物依存症治療を始めていたので、この頃の記憶が曖昧です)

齋藤そんなに前妻や子供がいるのに、誰一人看取らなかったと…

f:id:InvitationsToPeaks:20210623203010p:plain

友人:皮肉なもんだよね。離婚したらこんなもんなんだ〜って思ったよ。

f:id:InvitationsToPeaks:20210623203108p:plain

齋藤:そう考えると、結婚したからって、老後一人にならない保証はどこにもねーな。

f:id:InvitationsToPeaks:20210623203139p:plain

結婚云々の前に、ウチらまだ独身じゃん。笑

私たちが出会った、特殊な家庭環境で育った人々

-----⚠️以下、一部ショッキングな内容を含みます⚠️苦手な方はブラウザバックを🙇‍♀️-----

齋藤それだけ複雑な家庭環境で育ったのに、お前は性根が腐ってねーよな!(薬物使用云々は置いておいて)

友人そうかな?

f:id:InvitationsToPeaks:20210623212650p:plain

齋藤:人と関わるのが好きだし、面倒見が良いし、人に対して優しさとか気遣いもしっかりある。

友人家庭環境は複雑だったけれど、きちんと親からは愛情を貰ったと思う。特にお父さん。

齋藤親から愛情を貰ったかどうかって、かなり人間性に響くと思わん!?

友人めっちゃ分かる!!

齋藤私、昔アルバイトで働いていたお店で、すっごく性格ひん曲がってた子がいたのね。笑

友人あー、前に言ってたね。

齋藤とにかく人とのコミュニケーションと、自己表現が下手だったんだよね。人に対して、嫌味っぽいことや、聞いてる側も不快に感じるような悪口や言い方ばかりで。

友人うんうん。

齋藤後々知ったんだけど、その子、幼い頃に両親を殺されて、親戚に引き取られて、主に兄弟に面倒見られながら育ったって。(複雑なので超端折りますが、この子はハーフで、亡くなったご両親は日本で殺人事件に巻き込まれたわけではありません)

f:id:InvitationsToPeaks:20210623203725p:plain

友人:親の愛を知らないってやつか。私の知り合いでもいたよ。母親が相当ぶっ飛んでてさ…

齋藤お前からはぶっ飛んだ話しか聞かないな。笑

友人その子が幼い頃に再婚して、義理の父親が出来たみたいなんだけど、その父親とのセックスを、母親が見せつけてたんだって。しかも義理の父親から、その子は性的虐待を受けていたって言うし、母親は依存的に犯罪行為を繰り返していたらしいんだよね。

f:id:InvitationsToPeaks:20210623203907p:plain

齋藤:今年一番の衝撃です。

齋藤「依存的に犯罪行為」って…万引き常習者的な感覚に近いのかな?

友人多分ね。「生まれ持った性癖は直らない」って言うじゃん?世の中マジでそういう癖の人もいるんだなーって思った。

f:id:InvitationsToPeaks:20210626201804p:plain

友人:もうさ、そんな話聞いちゃったら、うちの家庭なんて全然マシじゃん!って思っちゃうよ。

齋藤まあ、それは比べるもんじゃないかもね…申し訳ないけれど、次元が違いすぎる。

友人その子もやっぱり、コミュニケーションが難しい子だった。上手く説明出来ないんだけど、お前が話してた子に近い感覚かも。

齋藤親からの愛情が無いと、悪い事を叱られたり、良い事を褒められたりっていうのが無いから、分別が分からないんだよね。決して、その子達が悪いんじゃない。

友人そうそう。木村拓哉工藤静香の娘さん達すごくない!?めちゃくちゃ愛情注がれて育ったんだろうな〜って感じだよね!

齋藤分かる!表情で分かる!!

友人Kōki,ちゃんなんか、18歳であの落ち着きだよ!?自分が同い歳だった頃を思うと、考えられないくらい、大人っぽいし品があるよね!

齋藤分かる!お育ちの良さが滲み出てるよ〜

f:id:InvitationsToPeaks:20210623204204p:plain

ドラマの世界の話では無く、実際に難しい家庭環境で育った子、

現在もそのような環境下で、声を上げられない子はいます

足りない愛情を他人で埋めようとする、歪んだ承認欲求

齋藤出会った頃もそうだったけど、お互いに結構遊び歩いてたじゃん。笑

友人それが楽しい時期だったっていうのもあるし、単純に、一人でいてもつまんないし、寂しいからっていうのもあったけどね。

f:id:InvitationsToPeaks:20210623204924p:plain

齋藤:私はさー、誰かに私という存在を認められたい、

必要とされたいって気持ちが強かったんだよね。

当時、親とか職場の上司からも否定的な事ばかり言われていたって言うのもあるけど…。

別に私に対して気持ちが無いって分かっていても、男の人から誘われたら出かけてた。

友人必要とされてるって?

f:id:InvitationsToPeaks:20210623205013p:plain

齋藤:そう。でもそんなの、一時的な痛み止めにしか過ぎないんだよね。

自宅に帰ったら結局一人で、余計に虚しくなってさ。

友人心の隙間を埋めたいんだよね。分かるよ。恋人と別れた直後に、寂しくて勢いで誰でも良いから付き合っちゃうみたいな。笑

齋藤似てるかも。笑 でも全然幸せじゃなかったし、心は満たされなかった。どんな会話をしたかも覚えてないくらい、適当な会話して、時間を潰していたのかもね。

友人ちゃんと自分と向き合ってほしいんだよね。「私を見て!」っていうか。

齋藤そうそう。ちっちゃい子って、「ねえ、ママ見て!!」って言葉に出して主張するじゃん?アレの大人ver.笑

友人wwwwwww

齋藤言葉で相手に上手く伝えられないんだよね。傷付くのが怖いから。

友人めっちゃ厨二くさいけど、分かる!笑

f:id:InvitationsToPeaks:20210623205144p:plain

齋藤:そういう時期ってさ、マジで変なのしか寄って来ないの分かる?笑

友人分かる!!笑 引き寄せの法則じゃないけれど、自分の感覚もおかしいから、必然的に周りもおかしいよね。笑

齋藤類は友を呼ぶ、だよね。笑 今考えると、どっかズレてる人ばっかりだったもん。(←お前が言うなw)

友人私もそうだよ。当たり前だけど、薬物絡みで繋がってた人なんて、まともな人いなかったし。

齋藤でも、薬物絡みの人は(今は)全員切ったんでしょ?

友人うん。それこそ依存症治療を始めて、当然人間関係を整理しなくちゃいけなくなるじゃない。

f:id:InvitationsToPeaks:20210623202425p:plain

友人:薬物絡みだった人はもちろん全員切って、それでお前を含む、

友達だった人達に連絡したんだけど、カミングアウトしたら当然引く人もいたわけ。

すっごい冷たくあしらわれたよ。

齋藤あ、そうなの?

友人お前を含めて、受け入れてくれた友達って、5人くらいだよ。

齋藤それは知らなんだ…

友人でもさ、そりゃそうだよね。そんなカミングアウトされたら困惑するじゃん。

齋藤困惑するけど…まあ、今頑張ってるわけでしょ?私に伝えるのだって勇気がいったと思うし、お前自身が一番反省しているだろうから、これ以上責める要素無いよね。

友人そう言ってもらえると有り難いよ。でも、皆んなが皆そうじゃない。

f:id:InvitationsToPeaks:20210623205252p:plain

齋藤:でもそれで本当の自分を理解してくれる、大切な人達だけが残ったって考えれば良くない?

友人そう思うようにしてる。だから、その人達をまた裏切っちゃいけないなって。

齋藤私すぐ人間関係断捨離するからさー、「この人といると、自分がマイナス感情が多くなる」って思ったら容赦無く切るんだよね。

友人お前は昔から、多くの人と連む方じゃなかったからね。笑

齋藤私、連絡先絶対に教えないマンだから。笑

友人一緒に働いてた頃言ってたわー笑 誰もお前の連絡先知らなかったね。笑

齋藤その職場を辞めてからも関わってるのって、お前くらいだから、その程度なんよ。親に言われたんだけどさ、「同じ職場で働いている時に仲良くするとか、付き合いがあるのは当たり前。辞めてからも続く関係が、本当の友情だから、大切にしなさい」って。

友人その言葉の通りだね!

齋藤お前、薬辞めてからさー…周りに気を遣い過ぎてない?

友人なんで?

f:id:InvitationsToPeaks:20210626193724p:plain

齋藤:うーん、、何か性格的に。自分を偽ってない?

友人そう、素を出せないの。前から知ってくれている友達には平気なんだけれど…

齋藤何で?そんなに自分を良く見せたいん?

f:id:InvitationsToPeaks:20210626195941p:plain

友人:結局、他人によく思われたいから、自分を偽るんだと思う。これも承認欲求なんだろうね。

 友人お前はSNSを使って活動してるんだよね?それこそ自分を作らない?

齋藤作るっていうか、自分の見せ方は考えるよね。だいたいの人がそうだと思うけど。

友人それこそ精神疾患の事、公表してるんでしょ。反応ってどうなの?

齋藤私は別に公表する事に抵抗が無いからね。でも、公表出来ない人は多いと思う。未だに「メンヘラ」のレッテルは貼られるし、理解が出来ない人が一定数いるのも事実。

友人分かってても、悲しくない?

f:id:InvitationsToPeaks:20210623203108p:plain

齋藤:そういう表層しか見れないし、見せないのがSNSだと思う。

たかだか数百文字と写真で、赤の他人の事、分かるわけないもん。

友人私はもう辞めちゃったけど、SNSって疲れない?

齋藤疲れるよ。どんなに自分の言葉で綴っても、解釈は一人一人違うじゃない。だから”私”という人物像も、人によって違うんだろうと思う。インスタなんか写真メインだから、それこそ勝手なイメージどんどん付けられるよね。

f:id:InvitationsToPeaks:20210629013518p:plain

齋藤:それこそSNSって、承認欲求の塊だから、私みたいな自己肯定感が低い人間は、

使い方を間違えると劇薬だよね。

f:id:InvitationsToPeaks:20210623203010p:plain

友人:結局誰でも、どこかで承認欲求を埋める手段を探しているんだね。

問題は、その承認欲求が強くなり過ぎてしまう事だよね。

齋藤別にお前は、素の状態で関わってても、十分いい奴だよ。少しずつでも自分を曝け出せるようになるといいね^^

友人うん!それも私の中では、今後の成長の課題!←ほんっっとにいい奴( ;  ; )

f:id:InvitationsToPeaks:20210623210007p:plain

自分を偽る”道化”はもうやめにしない?

愛情に飢えた子供の行き着く先

私は遊びに、友人は薬物に走ってしまいましたが、どちらも自傷行為です。

他人に身体を簡単に明け渡すことも、自分の身体を薬物に染める事も、自分で自分で傷付ける行為に変わりありません。

私の知り合いは、それこそ10代の頃に非行に走りまくりました。

高校には進学せず、ずっと友達と遊びまくっていたと言います。

理由は一つ、家が嫌だったから。

私も大学進学を理由に上京しましたが、正直新潟の大学でも事足りたんですよね。

それでも何かしら理由をこじつけて、家を出たかった。

よく、「親元を離れて、親の有り難みが分かる」なんて言いますが、有り難みも何も、私は離れたかったから、やっと開放された感が強かったです。

友人たちも、そんな気持ちだったのかもしれません。

 

以前、仕事柄若い子と接する機会が多かった時に、「愛情不足なんだろうな〜」と感じる瞬間が多々あって、家に居たくないから彼氏と同棲しているけれど、彼氏がDVしてくるだとか、過食嘔吐癖が治らないとか(過食嘔吐の原因の大半は親子関係と言われています)、隠さないといけないレベルでリストカットの跡が酷いとか、実際に自殺未遂をして、緊急搬送され、強制入院された子とか。。

みんな、どこかで愛情を欲していました。

それを埋めてあげられるのは、私たち周囲の大人じゃなくて、家族や親だけなんだよな〜と思うと、何ともやり切れない気持ちに。

まだまだ若いから、みんな純粋で良い子なんですよね。

純粋だからこそ、悪い大人に手招きされたら行ってしまう。

純粋に、愛情に飢えていて、欲していて、それを埋める方法を模索している印象が強くあります。

f:id:InvitationsToPeaks:20210626201739p:plain

齋藤:家族関係とか、親子関係って、人間の性格にかなり影響するな。

f:id:InvitationsToPeaks:20210626201804p:plain

友人:人格形成においては、めちゃくちゃ大事だよね。

友人家族や子育てって、正解が無いから難しいよね。うちの母親とか、自由人なわけだし。笑 でも「自分の家庭はめちゃくちゃだ〜」なんて、私自身はそこまで考えた事無いよ。

齋藤受け取り方もそれぞれか。っていうか、お前の場合は尺度が違うだろ。笑

友人そうそう。笑 もう別次元の家庭環境とか沢山あるから、私の家庭は悲観する要素が少ない。

齋藤お前と話してると、人生は生きた”時間”より”密度”だなって心底思うよ。

友人そう?

齋藤経験談が同い歳とは思えないもん。違う世界線過ぎて。笑

友人よく言われる。笑 でも、別に知らなくてもいい世界じゃん。それに、私は”社会”とか”組織”って言うものの大凡を知らないから…

f:id:InvitationsToPeaks:20210623212650p:plain

齋藤:だからこそだよね。”社会”や”組織”に染まっていないから、真っ新なの。

私の知らない世界や知識や経験、私と違う価値観を沢山教えてくれる。

だからお前の事が好きなんだよね。

友人ありがとう^^(←彼女を褒めた時、素直に「ありがとう」って言える所も好き)色んな境遇の子に出会って感じたけれど、私は親から愛情は貰っていたなと思うよ。

齋藤そんな愛情をもらっていた子が、何故薬物に…笑

友人だから好奇心だって。笑 メディアが悪い!笑

齋藤そうだよな。笑 メディアが悪いわな。

 

事実、友人の言い分は一理あると思います。

これは薬物に限った話ではなく、情報によって、好奇心を煽られたり、無知な人間が「そんな方法もあるんだ〜」と知るきっかけになるからです。

SNSで見知らぬ誰かと簡単に繋がれる時代ですからね。

実際に見知らぬ人と直接会ってしまったり、薬物を使ってしまった後には、どんな恐怖体験があるのか、そういうのを放送すればいいのに。

私の友人は、薬物の後遺症だけでは無く、人間関係の信用も信頼も失って、ゼロから再構築しているわけですが、それだって簡単な事では無いし、本人も相当努力していると思います。

また、彼女は薬物を使用していた頃、金銭感覚が完全にバグってしまったので、20代前半で自己破産しており、現在もクレジットカード等を持っていません。

身体的なデメリットはもちろんですが、社会的なデメリットも大きくのしかかって来ます。 

f:id:InvitationsToPeaks:20210623202904p:plain

友人:それにしても、お前は色んな事を考えるね。

f:id:InvitationsToPeaks:20210623210225p:plain

齋藤:脳みそが暇してる証拠だな。笑

自分に自信をつける方法って何ですか?プリーズテルミー_(┐「﹃゚。)_

みなさん、こんにちは〜(๑꒪͒∀꒪͒๑)

サンシャイン池崎です‼️┗(⌒)(╬´◓ω◔`╬)(⌒)┛

f:id:InvitationsToPeaks:20210625160246p:plain

ジャスティス✨!!!

空前絶後の〜‼︎…齋藤でーす。笑

突然ですが、早速タイトル回収に入ります(◔̯◔)

みなさん、ご自分に自信はありますか?

f:id:InvitationsToPeaks:20210625160852p:plain

私の自信って、この人の100億分の1程度も無いんですけど。笑

「ネガティブ過ぎねえ?」と思われそうですが、冷静に見積もっても低い。

f:id:InvitationsToPeaks:20210625161326p:plain

一周回って、いっそ黒ちゃんになりたい。笑

私のような活動って、恐らく部類的にクリエイター的な扱いになると思うんですが、まあ…こんなにも自分の中での苦悩や葛藤が多い仕事とは…

改めて、映像だったり、デザインだったり、漫画家さんや画家、アーティストさんなんかもそうですよね、全ての方に敬意と尊敬の念を抱きますʕ  Ⴔ ჟ Ⴔ  ʔ 

 

自己完結しなければならない事が多い中で、今まで自分の文章に100点満点をつけたことないです。

全てその時出来るベストな内容で書き上げたとしても、一度も満足出来ていません。

書き上げた後は一瞬だけ、満足感が得られるんですけれど、本当に一瞬。

作品は自分の手を離れたら、後は受け取り手側が評価するしかないから、どんなに自分が納得して書き上げても、受け取り方は十人十色じゃないですか。

だから、「これ面白いか?」「つまらないんじゃね?」って葛藤が永遠に続くんですよ。

永遠に自問自答する人間。笑

これは前職の時からそうで(鷲尾さんもよく分かってる)、webデザインに携わる仕事をしていたんですけれど、何回も色とか画像とかチェックして直してチェックして直してを繰り返して、最終的に「コレで行くか!」ってなっても、改めて見返した時に「やっぱりフォントはこっちで、色はこっちの方が」とか出て来ちゃうので、敢えて見ないようにしてました。

 

山行記録なんかだと、正直書きやすいんですよ。

歩いたルートの順番に画像を入れ込んで、文字を加えてあげるだけなんで。

最近のように、自分が書きたいテーマについて書くってのが一番難しくて、ゼロの状態からアイディアを出して、白紙のブログを埋めていく作業なので、普通の日記を綴るより、遥かに手間がかかります。

オリジナリティを出しつつ、長文を飽きずに読んでもらう為の工夫も必要なんですが、それも「コレでいいのか?」って正解はいつも分からず仕舞い。

恐らくこの仕事を続ける内は、ずっと悩み続ける問題なんでしょうね。

だって正解がないから。

 

ブログを読んで下さっている方は、気付いていらっしゃるかもしれませんが、私ってめちゃくちゃ面倒くさい人間なんですよ。笑

前職で「凄いね!」と褒められた時に、「抽象的過ぎて何が凄いか分からないからkwsk!!」って思ってましたし(とんだ捻くれ野郎だな)、褒められる事は素直に有り難い事なんですけど、私自身全く自覚していないので、マジで「何が???」って疑問が拭えないんですよ。笑

 

以前書いた記事で、「お金を払ってもいいくらい、価値のある記事だよ」と褒められた事があったのですが、「お金を頂くほどの価値はなかろう」と思っています。

人様からお金を頂くことは、私にとってとてもハードルが高い事だと思っていますし、その対価に見合うだけの価値が、自分のコンテンツにあるとは思えない。

だからこそ、無料のコンテンツに文句を付けるのって、お門違いだと思っています。

(ただ、最近は「これでお金貰ってるの!?」ってライターさんや、バズる為なら迷惑行為もやっちゃうYouTuberなんかも増えて来ましたが、それは違う。笑)

 

すんげーネガティブ!笑

f:id:InvitationsToPeaks:20210625160246p:plain

ジャスティス!!!

お金という対価よりも、私はTwitterのリツートという拡散機能がある所に、お金以上の価値があると感じています。(SEO対策は自分で出来るので、強化したい記事はSEO対策しています)

人が、人に紹介する行為って、とても重要というか、信憑性のある重みを感じます。

私が学んだ、経験した事を自ら発信している記事を、少しでも多くの方に知って頂きたいという想いの方が強くあるので、今後暫くはnoteなどを利用する予定はありません。

 

もちろん、知らなくても何不自由無く生きていける情報が多いです。

でも、情報を知る事によって、物事の見方、人に対する接し方、色んな面で少なからず、誰かの何かになればいいな〜と思って書いています。

 

つまり、何が言いたいかというと、

自信ってどうやってつければいいですか?

一番手っ取り早いのは、身体を鍛える事らしいですね。

f:id:InvitationsToPeaks:20210625165631p:plain

ムキムキになればいい?

優しい人生の先輩、教えてプリーズʕ>⌓<。ʔ